仮想通貨とは?

 

ここ1年の間に、仮想通貨という言葉が新聞やニュースで取り上げられることが多くなりました。しかし、大多数の人達が、仮想通貨がどのようなものかを知りません。中には、「仮想通貨は詐欺だ」と思っている人たちも沢山います。(数年の間に、数万円の資産が1億円になった人もいるのですから無理もありませんが)ここでは、仮想通貨とは、どのようなものかを説明します。

法定通貨と仮想通貨

法定通貨(ほうていつうか)とは、日本円や米ドルなどのように国がその価値を保証している通貨をいい、紙幣や貨幣など目に見える形で存在することが一般的です。日本では、日本銀行が発行する日本銀行券(紙幣)と造幣局が製造し政府が発行する貨幣が法定通貨として認められています。また、法定通貨には、買い物、決済、給与の支払いなどで受取を拒否できない、法的な強制力も認められています。

 

いっぽう、仮想通貨は、国家により一定の価値を裏付けるものではなく、インターネット上でやりとりされる「電子交換媒体」「電子データ」でしかなく、物理的な実態があるわけでもありません。しかし、仮想通貨は、交換、決済、送金、融資など日本円や米ドル行えるほとんどのことができます。また、仮想通貨が日本円や米ドルなどの法定通貨と交換できることが、仮想通貨の価値の土台になっているのです。

仮想通貨を支える暗号化技術

仮想通貨が通貨として認識される背景には、公開鍵暗号ハッシュ暗号などの暗号化技術があります。仮想通貨は、これらの暗号化技術によって、仮想通貨の偽造や二重払いなどの通貨の問題を回避できるように設計されています。また、暗号化技術をブロックチェーンという技術により、仮想通貨の信用を担保しています。仮想通貨の安全性を暗号化技術により実現していることから、仮想通貨を英語でクリプトカレンシー(cryptocurrency):暗号化通貨と呼んでいます。

日本での仮想通貨の法的な定義

日本では、仮想通貨を法的に以下のように定義されています。

 

仮想通貨とは?

 

仮想通貨取引所総合ランキングはこちら