リップルの特徴

リップル

Ripple(リップル)は、2004年から考案され、2013年配布が正式に開始されました。2018年3月現在はビットコインとイーサリアムに続き、時価総額第3位の仮想通貨となっています。リップルは、国際送金のブリッジ通貨として注目されており、既に世界数十か国の銀行・決済業者と提携しており、国内でもみずほ銀行、りそな銀行など大手金融機関がリップルによる送金システムを用いた実証実験を行っています。

 

誕生 2014年
時価総額(円) 1,257,201,723,992 3位
発行枚数 99,991,852,985
価格 30.397.円